白い痕跡

© 2014 by Susumu Okada

1/1

幾重にも重なる白く浮かび上がったボールの跡。

それは時間と行為と物語の痕跡だ。

失われゆくその存在を残すため、

私は記録という名の痕跡を残した。